トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ




 
書画カメラ

書画カメラ


書画カメラは書類などを撮影して、プロジェクター等で拡大投影するための装置です。
書画カメラについて
書画カメラは、原稿をカメラで撮影して、その出力をモニターで見るための装置です。 資料提示装置、プレゼンテーションカメラ、イメージャーなどとも呼ばれ、かなり以前から製品化されています。 最も良く利用されているのは、学校などの教育現場で、小学校では児童が理科の標本などの提示に利用しています。 従来の書画カメラは、原稿台とカメラ、照明装置が一体となった製品が多かったのですが、最近では原稿台を無くして軽量化された製品が増えてきました。 軽いものでは、1kgを切る製品もあり、客先での資料提示などに最適です。モニターの代わりにデータプロジェクターをつなげば多人数でのプレゼンテーションにも利用出来ます。 従来の製品は、カメラからの出力はコンポジット、Sなどのビデオ出力が殆どでしたが、最近ではより高精細な映像が得られるアナログRGB出力が出来る製品が増えてきました。 これは、データプロジェクターの普及により、アナログRGB信号での投影が可能になったことが要因です。 モバイルプロジェクターと一緒に使えば、客先でも簡単に資料提示が出来ます。重さも合わせて4k以内で納まるでしょう。 カメラ本体の解像度については、ビデオ出力の製品では40万画素程の製品が多いですが、RGB出力の製品では、85万画素、150万画素またはそれ以上の製品もあります。 データプロジェクターで投影する場合、ビデオ出力の書画カメラの場合は、プロジェクターのビデオ入力に接続して、入力切替でパソコンからのRGB映像と切り替えて投影できます。 しかし、RGB出力の書画カメラの場合、プロジェクターのRGB入力が2系統あれば問題ないのですが、1系統の場合は、パソコンからのRGB入力と書画カメラからのRGB入力を 外部に設置したスイッチャーで切り替えてプロジェクターに入力する必要があります。(書画カメラだけの利用では必要ありませんが。) 最新の書画カメラでは、このスイッチング機能を内蔵した製品もあります。 このように、出力方式により一長一短がありますが、データプロジェクターと一体化された製品も東芝、日本アビオニクスなどから発売されています。

 

 ・当社でのご購入のメリット

(株)カラーマーキングファクトリーでは、企業で使用するプレゼンテーションツールとして
各社のプロジェクター、プラズマディスプレイ等を販売しております。
また、ご家庭でのプレゼンテーションツールとしてクリスマスイルミネーションの販売も行っております。
弊社でのご購入については、次のようなメリットがあります。

・メーカーまたは直系販売店との直接取引きにより、低価格販売を行っております。

・代理店を通さないため、ご納品、サポートが迅速です。

・プレゼンツール専門の販売店なのでご導入時のアドバイス、使用方法のご指導など専門的なサポートが出来ます。

・ご購入後も、プロジェクターを使ったデジタルプレゼンテーションのサポートなど万全の体制をとっています。

・プロジェクターについては、1996年よりインターネット販売を行っており、国内最多納入実績があります。

また、当社では1995年よりプロジェクターの比較投影会を日刊工業新聞社、日経BP社と共同開催しており、各メーカーの技術者との関わりも深く、専門的な交流も行っております。
このため、お客様からのご意見をメーカーにフィードバックして、よりよい製品開発に役立てるよう努力しております。


お問い合わせはこちらへ (お問い合わせの際は、お名前、電話番号をご記入下さい。)

  (株)カラー マーキング ファクトリー 

      TEL. 03-5763-5932   営業時間 10:00〜19:00(月〜金)

Copyright (C) 1996 Color Marking Factory,.INC.